チャリで近所の野池探訪

  • 2017.06.12 Monday
  • 21:04
ここ一週間は仕事頑張ってました。
大阪での展示会に出席したり、会議に出たり。
なぜかわからんのですがお店も忙しく充実してました。

そして久々の休みの今日。
日吉ダムか琵琶湖で釣りを予定してたのです。
ですが、寝過ごしました・・・。
盛大に寝過ごしました。
正確には前日に寝落ちしてました。
7時半では朝マヅメもとっくに過ぎてる時間。
予定変更で近所の野池巡りをしました。
釣果度外視で。

写真は最初の野池。
野趣溢れる場所で釣れる雰囲気満点です。
ですが・・・猫リグでワンバイトのみ。
その後、何箇所か廻って結局いつもの通い慣れた野池でギルをバカスカ釣って気晴らししました。
いつもの野池では散歩中の紳士ともお話できて、知らなかった場所の野池情報も頂きました。
次回はそこへも行ってみようと思っています。
近所の釣り人とも情報交換できたりしてまったりゆったりと昼間の有意義な時間を過ごす事が出来ました。
バスが釣れなくても、ギルばっかり釣れても、これはこれで良いものです。

帰宅後は無くなってきてたワームの補充に釣具店へ。

近所の野池の定番の3.5inchカットテールと2inchヤマセンコー。
安いフック。
あとはフロロとナイロンのハイブリッドラインというのをはじめて買いました。
完全に近所の野池対策用です。
擦れに強く伸びが少なくて、浮くラインが欲しいので試しに買ってみました。
浮くかどうかは使ってみないとわかりませんが、良さそうな雰囲気なので買ってみました。

フロロカーボンはラインが沈むのでダウンショットリグだと底に着いた時にワームも一緒にすぐに着底しまうと考えているのです。
その点、ナイロンはラインが浮くので、ワームも本来あるべき位置にしっかりと浮いているか、もし沈んだとしても着底までの時間が長い気がするのです。
ただし、ナイロンは暑さや吸水でラインがダレるのが難点です。
その点、フロロはそういう心配があまり無く伸びも少ないので感度も良くなります。
さぁて、このラインはどうでしょうか。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Chess Puzzle

blogram

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

対訳 寺社を歩けば京都がわかる―Discovering Kyoto in Temples and Shrines(bilingual edition)
対訳 寺社を歩けば京都がわかる―Discovering Kyoto in Temples and Shrines(bilingual edition) (JUGEMレビュー »)
槇野 修
裏表紙に僕の写真を使っていただきました。買って!

recommend

新装版 ボビー・フィッシャーのチェス入門
新装版 ボビー・フィッシャーのチェス入門 (JUGEMレビュー »)
ボビー・フィッシャー
この本はチェスをやりたい人にはホントにイイよ!

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM