僕のリグ忘備録。ヘビキャロ編。

  • 2018.04.23 Monday
  • 23:00
僕独自のやり方、考え方を書いてみようと思います。
いわゆる忘備録みたいなものです。
ご参考になれば幸いです。

ヘビキャロは琵琶湖では三又式のキャロワイヤーを使ったやり方が主ですが、僕はシャフトスイベル(ストレートスイベル)を使ってやるやり方を採用しています。

(これが僕のキャロスイベルです。)

(デコイのストレートスイベルで自作しています。)
シャフトを採用する事でスピナーベイトやチェリーリグと同じく障害物の回避力は格段にアップしました。

ワイヤーの長さは長ければ長いほど良い、という方が多いですが、僕はあまりそう思っていません。
遠投すればするほどシンカーの着底部と本ラインとの角度が狭くなるのであまり重要ではない気がしているのです。


ラインの選択ですが、感度はもちろん大事ですが、比重が軽いラインを使ってラインを浮かす事が重要なのではないかと個人的には思っています。
ナイロンラインだと比重が軽くて水に浮きますが伸びがあり過ぎて感度が悪いしフッキング精度も落ちます。
PEだと感度は抜群で水にも浮きますが根擦れが怖く、さらに魚がラインを認識してしまって釣れなくなる「ラインばれ」が起こりそうな気がするのです。(←数釣り師的発想かも^^;)
フロロラインだと感度は良いのですが比重が重くて沈んでしまうこのラインではラインスラッグでアタリを取る場合、目があまり良くない僕にはアタリがわからなくなって辛いのです。
ラインが少しだけでも浮いててほしい、という個人的理由から総合的に判断して僕はフロロとナイロンのハイブリッドラインを採用しています。
感度もフロロライン並みでアタリも取りやすく、フロロラインよりも浮きます。
このハイブリッドラインはフロロラインと同じ太さでも約1lbほど強くなるというメリットがあるようです。
逆に1段階細いラインを採用してもほぼ同等の強度が得られるので、投げる際の飛距離を稼げるというメリットもあります。
しかしこのハイブリッドラインは良い事ばかりではありません。
これは肌感覚ですが、しなやかではありますがその反面、癖がつきやすい気がします。
また、所詮はナイロンラインなので水を吸うのかわかりませんが劣化か少し早い気がしています。
それは巻き直しの回数を増やすことで対応できるので問題は大したことではありません。

シャフトスイベルの長さは三又スイベルからシンカーとの結節点までの長さは7〜8cm程です。
シャフトスイベルを採用しているのは、ワイヤーだと投げる際にリーダーが絡みやすいのですが短いシャフトスイベルだとそれがほとんど無い事、さらに巻きついたとしても短いシャフトスイベルだとリーリング時に元に戻りやすい、という利点がある事を今年の冬の間の釣行にて確認しました。

しかし、何より投げる際にクルクル回してから投げるという絡みつきを防止する為のあの独特の投げ方が面倒だから、というのが本当は1番の採用理由だったりします。

リーダーは80cmほどで本ラインと同じラインで作っています。
状況によっては本ラインより1号ほど落とすこともありますし、もっとルアーの沈降速度を遅くしたい場合はナイロンラインを使ったりもします。
また、リーダー自体を長くしてやる事で沈降速度を遅くする場合もあります。
どちらにしろ、使用するワームの種類や形状、比重等でも変わってくるのでその辺は総合的にその場で判断しています。

以上、実釣でもこのやり方で他の三又式ヘビキャロと全く遜色無くやれるので凄く満足しています。
用意も簡単でなによりもコンパクトです。

追記(5/22):こちらのログへのアクセスが非常に多くなっています。
ありがとうございます。
0.8mmの超硬質ステン棒を手に入れました。

今までのより少しだけ細身です。
市販のキャロワイヤーの長さをシャフトで作るとどうなるかを試してみたくなりました。
これで20cm、15cmの分のキャロスイベルを作ってみました。

色々と試行錯誤した現状ではフェロモンピックの上部形状と同型が一番良い感じです。
ちなみに一番右が今まで使用していたものです。
かなり短いのが分かると思います。
シャフトの長さでスタッグ回避性能がどう変わってくるかを今後の釣行時に検証していきたいと思います。
あと、以前の釣行で魚をかけた後のエラ洗い時にシンカーが外れて無くなる事がありました。
対策としてスイベル付きスナップをつけてループはハンダ溶接してみました。
ラインが巻き付いた時のほどけ具合はシャフト直結シンカーとスイベル付きスナップを介してでは違いがあるのか等、検証が必要です。
今後作る形状自体も変わってくるかもしれません。
まだまだ試行錯誤中です。

さらに追記(12/25)
相変わらずアクセス数が多いです。
ありがとうございます。
この一年間で0.8mmシャフトの長さをいろいろ試してみた結果をご報告したいと思います。
冬から春の間は最初の7〜8cm程のものでも全然OKでした。
しかし、ウィードが生育してくると釣果も無くなりました。
かなり長めの20cm以上のシャフトだと曲がって戻ってくる事がとても多くダメだと判断しました。
どういう状況でも対応できたのは15cmのものでした。

最近はもっぱら15cmのものを使っています。
この長さが0.8mmのシャフトの強度のバランスのギリギリだと思います。
もう少し太いものを使えばもっと長くても良いかもしれませんが、今度はシャフト自体の重さが気になるので0.8mmに落ち着いています。
ご参考になれば幸いです。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Chess Puzzle

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

テイルウォーク(tailwalk) ロッド BACKHOO RISE C632ML
テイルウォーク(tailwalk) ロッド BACKHOO RISE C632ML (JUGEMレビュー »)

スピンキャストリールに一番相性が良い硬さのMLのロッドです。とても扱いやすく、感度も良好です。コストパフォーマンス抜群ですよ!

recommend

【先着限定】最大1200円オフクーポン4/1-4/4迄ZEBCO ゼブコ OMEGA Pro オメガ Z02PRO スピンキャストリール【送料無料】
【先着限定】最大1200円オフクーポン4/1-4/4迄ZEBCO ゼブコ OMEGA Pro オメガ Z02PRO スピンキャストリール【送料無料】 (JUGEMレビュー »)
スピンキャストリールの最高峰です。僕はスピニングのかわりに使っています。僕の釣りスタイルを確立させてくれたリールです。

recommend

Piscifun(ピシファン)ベイトリール Perseus 軽量リール 最大ドラグ力8.4KG シールドベアリング バス釣り デュアルブレーキシステム  左ハンドル
Piscifun(ピシファン)ベイトリール Perseus 軽量リール 最大ドラグ力8.4KG シールドベアリング バス釣り デュアルブレーキシステム  左ハンドル (JUGEMレビュー »)

アメリカでコストパフォーマンスがすごい!と噂になっていたリールです。僕は巻物で使っています。遠心&マグのデュアルブレーキシステムです。

recommend

テイルウォーク(tailwalk) ロッド BACKHOO RISE C672MH
テイルウォーク(tailwalk) ロッド BACKHOO RISE C672MH (JUGEMレビュー »)

海外で大変評価の高いロッドです。最近僕も手に入れて気に入って使っています。テキサスなどで主に使っています。

recommend

対訳 寺社を歩けば京都がわかる―Discovering Kyoto in Temples and Shrines(bilingual edition)
対訳 寺社を歩けば京都がわかる―Discovering Kyoto in Temples and Shrines(bilingual edition) (JUGEMレビュー »)
槇野 修
裏表紙に僕の写真を使っていただきました。海外の方にぜひ手に取っていただきたい一冊です。

recommend

新装版 ボビー・フィッシャーのチェス入門
新装版 ボビー・フィッシャーのチェス入門 (JUGEMレビュー »)
ボビー・フィッシャー
この本はチェスをやりたい人にはホントにこの本一冊である程度強くなれます。
僕もこの本のおかげで中級ぐらいになれました。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM