先週の琵琶湖釣行と自作ジグスピナーの完成度を高めています。

  • 2018.12.24 Monday
  • 23:55
あっという間の1年を締めくくるため今年最後の釣行は『釣りは自由』をキーワードに楽しんできました!

久しぶりの更新になります。
先週は半日琵琶湖釣行に行ってきました。
今年最後の釣行ということでしたが、時間も限られているのでロッドは2本、リグは決めて行きました。
前半はそのうちの一つ、3/8ozのラバージグにジグスピナーをつけたものでリフト&フォールの釣りをやりました。
場所は由美浜。

今年よく釣った場所です。
冬になり、流石に護岸に魚影は見当たりません。
水鳥が沖で潜ったり浮かんだりしているのでベイトも深場に移動したと推測出来ました。

今回の目的は釣る事は勿論ですが、実はもう一つ目的がありました。
自作のジグスピナーの完成度を上げるためバージョン違いをあれこれ作っていたのでそれを試す事です。
アームの曲げ具合や太さ、どこまでの大きさのブレードに耐えられるか等を試したかったのです。
ジグスピナーというルアーはマイナーという事もあり、市販品はどうしてもバリエーションが少ないんです。
オカッパリ専門の僕にとってジグスピナーはコンパクトで嵩張らない事、重さが変えられる事、そしてコストパフォーマンスがとても良い事などがよく使う理由になっています。
いくつか市販品を持っていますがそのうちに「もっとアピールの強いものが欲しい」「どうせ作るなら琵琶湖仕様にしてやろう!」と思うようになりました。
無いなら自作、という訳です。
「これなら動く。これはダメだ。これはココを修正すればOKかな?」などとあれこれ試して少しずつ答えが出つつある状態です。

そうこうしているうちにあっという間に4時間ほど経ち、最後はやっぱり釣りたい!という事で漁港へ向かいました。
得意の数釣りです。
サイズを選ばないならもう簡単♪
1時間半程でギルを含んで16匹。

まぁ、自分に課した封印を解くとこんなもんです。
そうして今年最後の釣行は幕を閉じました。

今週は月曜日がクリスマスイブでした。
そして来週は大晦日。
僕の定休ですが休めるわけもなく両日とも仕事になりました。
(代わりに土曜日に休みをもらってますけどね!)
とにかく今月は仕事を頑張っています。
今年中にもう一度ぐらいブログを書こうと思います。
一年を振り返らないといけないでしょうしね!

夢追い。午前中琵琶湖釣行とメタルバイブ。

  • 2018.11.26 Monday
  • 21:20
夢幻の如く也・・・。

前回のログから2週間経ちました。
夢心地のまま1週間過ごし、先週の11/19は琵琶湖に午前中だけ行ってきました。
小雨の中、由美浜、におの浜、御殿浜とラン&ガンしましたが、結果は由美浜での朝7時ごろの1バイトのみ。
やはりそう簡単にはバスは釣れないと実感しました。
ただ、「ヘビキャロ、スイムジグ、ジグスピナーだけでやる」という自分の中で消化したかった課題をやりきった感はあったので満足して帰りました。

その日に感じたのは「もう南湖はメタルバイブの時期やなぁ」という事。
当日に見かけたバスを釣り上げていた方もメタルバイブのリフト&フォールでした。
「この釣り方もやらなきゃダメだな。」と思い、帰宅してタックルボックスを開けてみると、メタルバイブを全て無くしてしまっていた事に気がつきました。
昨年の冬にロストしたのを思い出しました。
こりゃ買わなきゃ!と思っていたところに、もうすぐ消えちゃう期間指定のTポイントが900円近く溜まってたんで、激安メタルバイブを買ってみました。

中国の釣具メーカーの物らしいのですが、流石の中華クオリティでした。
穴のバリは取れてないし、スプリットリングが大きすぎて穴と干渉してフックが全く動かない状態でした。

バリ取りして、スプリットリングを交換、フロントフックをダブルフックに交換してようやく使えそうになりました。


そんな事をやっていると不意に「これって自作出来るんじゃないの?」と思ってしまう訳です。
余ってたダイソーのスピナーベイトのウィローブレードを平たく加工して穴を開けてガン玉を噛ませて出来上がり!

右側は試作品。
1/4ozと3/8ozで作ってみて琵琶湖、それも由美浜、におの浜での使用を想定して3/8ozの方を採用しました。
完成形は左側です。
元々、メタルバイブってロストが避けられない宿命のルアーなのでこういう簡単自作ルアーは躊躇なく投げることができます。
早く激安中華メタルバイブと自作メタルバイブを投げたいです。

実は、暇があれば野池も行ってました。
ですが、やっぱりあの日が特別だった事、幻の如き夢の出来事だったという事を実感させられる日々を過ごしていました。
正直言ってボウズ続きです。
でもあの日があった事でバス熱はさらにヒートアップしています。
まだまだ先の夢がありますので。

魂が震える一匹に出会えた!朝活野池釣行。

  • 2018.11.12 Monday
  • 13:00
嬉しくて泣いたのはもう何年ぶりでしょうか。

先週の月曜日の琵琶湖釣行でボウズを喰らってからずっと悶々とした感情を背負ったまま仕事をしていました。
「練習出来たと思えばいいや」と納得はしているはずなのにです。
もっとああしていれば、もっとこういうやり方をやってれば、など・・・。
そんな日々を5日ほど過ごして、なぜか不意に早起き出来たので昨日(日曜日)の朝に仕事前の1時間のつもりで朝活しにいつものホームの野池に行きました。
秋も深まって紅葉も一気に進みそうな寒さの中、水面には靄がかかって幻想的な風景です。
そんな中、秋は巻物という事で自作のジグスピナーにダイソーのスピナーベイトから作ったガード付きジグヘッドにスタッガーを付けたスイムジグを取り付け投げていました。
すると追ってくる魚影が。
本当に手前で咥える瞬間を見て合わせました。
キ━━━イイィィ(。☆ω ☆。)タァァアア━━━ッッッ!!

サイズは小さいですがボウズ続きの僕にとっては嬉しい1匹でした。
そして時間切れで納竿し仕事に向かいました。

そして翌日の今日は僕は休日。
相方と一足早く大掃除をやろうという話になっていたので「朝活だけでも行くか!」と前日早めに寝て早起きしました。
いつもの野池に向かいます。
日の出よりも30分程早く着きました。
曇りだったので初めはチャターを投げました。
何ヶ所かでボイルがありその方向へ投げますが反応しません。
「こうなったら時間までシャローをライトテキサス打つか」と心に決め、用意します。
水中に乱杭がある事は知っていたのでそのあたりを重点的に攻めることにしました。
10投程投げたその時、ぐーっと持っていかれる感覚が!
ガツンッ!と合わせます。
キ━━━イイィィ(。☆ω ☆。)タァァアア━━━ッッッ!!
今までのラインの走り方とは全く違います。
これは慎重にいかなきゃとドラグを少し緩めて泳がせて弱らせる作戦に。
すると、行って欲しくない場所、リリーパッド帯に入られてしまいました。
魚体は浮いてるのにラインが蓮の茎に絡まって寄せることが出来ません。
あれこれやるも無理でした。
そうこうしてるうちに無理がかかったのかラインがロッド近くで切れました。

「これはあかん!」と意を決して池に入水しました。
膝上まで水に浸かって切れたラインを伝ってバスをランディングしました。

ずっと狙い続けていたホームの野池の主。
ようやく出会えました!
55cmのビッグバスでした。
寒さからなのか、喜びからなのか足の震えが止まりません。
フックを外してもう一度ゆっくり眺めてリリースしました。
ありがとう。
心からそう思えました。

帰宅後は相方にこっ酷く叱られました。
「洗濯物を増やすな!乾かないんやぞ!」と。
叱られても気分が良いので問題なしです。
さっきまで照明の傘や窓を拭いたり、庭の草取りしたりと掃除してました。

今日の一匹は記憶に残る一匹になりそうです。
もう少し夢心地でいさせていただきますね!

決意から失意、そして自信。琵琶湖釣行。

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 21:15
心持ちでこうも釣りが変わるというのをたった半日で感じる釣行でした。

11/5の月曜日、琵琶湖リベンジに行ってきました。
午前中だけの単独釣行です。
朝5時に家を出て6時頃に御殿浜(天一裏と呼ばれている所です)到着。
早速釣り始めます。
前回の釣行でスイムジグの必要性を強烈に感じました。
ですので今季の冬はスイムジグをものにするという決意をしました。
朝マヅメはスイムジグを投げ続けます。
相変わらずのウィードの濃さに感動すら覚えます。
色々な方のスイムジグ動画で予習していたのを真似して投げます。
スイムジグ・・・飽きてきました。
まだ自信が持てていないのが作用しているのだと思います。
途中でスワンプのネコリグやジャスターフィッシュのネイルリグやらを織り交ぜて探り続けましたが、バイトが1回あっただけで2時間ほど経ち移動する事にしました。

少し移動して由美浜に入りました。
ここでもまずはスイムジグを引きました。
反応無し。
するとまたあの天敵・ムーチングおじさんがやってきました。
前々回の方です。
気にしないようにしていたんですが、やっぱり気になってしまいます。
するとやっぱり50upの魚体を釣ってました。
そこから僕は釣れない焦りからなのか動揺してしまったのでしょうか・・・。
ネコリグ、ネイルリグ、ダウンショットと立て続けに岩礁に引っ掛けてロストを連発。
しまいにはスイムジグまでもロストしてしまいました・・・。
その間に実は周りのアングラーは大きさはバラバラですが釣っていってました。
僕だけ憑き物が来たようにロストの嵐で釣れもしません。
凹みました。
「あかん。気持ちを変えよう!」と巻物で一番好きなスピナーベイトに変えてようやく落ち着くことが出来ました。
「スピナーベイトはやっぱり好きだな。投げ続けられるな。」と再確認出来ました。
そしてその後は、隣で釣られようが何が起ころうが関係なく自分の今季やってきた事をやろうとライトテキサスをやる事に決めました。
ジャスターホッグに5gのバレットシンカーを付けて投げました。
投げ続けている間に、駐車場の時間がきたので場所移動する事にしました。

こうなったら不本意ながらも漁港に行こう、居着きのバスもデカい雄琴港に入りました。
ここでもライトテキサスをやり続けました。
結果的には1バイトありましたが乗らず。
途中、この日一番の大きさの魚が悠然と泳ぐ姿を目撃しました。
やはり僕の読みは当たってたようでした。
結果的にはノーフィッシュで時間切れ納竿となりました。

不安で仕方がない前半と気持ちが固まってブレない心の後半。
きっかけはやはりスピナーベイトへの信頼と自信でした。
そしてライトテキサスもその信頼と自信を持てると確信出来た後半の釣りでした。
逆に修行が足りないと感じたスイムジグ、そして動揺して逃げの釣りをしてしまった自分の弱さを実感した前半もまた自分の釣りなのです。
まだまだです。

帰宅途中に釣具屋をハシゴ。

バレッジスイマー、悪路ジグ、チャターブレード、RAシャッド、そして僕がずっと未だにメインで使っているスピナーベイトの廃盤・PDLスーパー1/2スピンを中古で購入してきました。
スーパー1/2スピンは会ったら買うという状態。
もうなかなか見かけませんし、見つけてもボロだったりブレードもくすんでたりしますがそれでもいいから買ってます。
比良の浜で爆発した記憶が鮮明で未だに1軍です。

デカバスを求めた二人琵琶湖釣行

  • 2018.11.01 Thursday
  • 21:15
もう昨年のような釣果では満足できない身体になってしまったみたいです・・・。

29日の月曜日、松崎氏と二人で琵琶湖釣行に行ってきました。
朝8時に京都を出発して北小松に向かいました。
二人釣行は話し相手がいるので移動中も時間が経つのが早く感じられてあっという間に着きました。
北小松は相変わらず多くの人が入っていました。
YouTubeの影響は本当に凄いですね。
とりあえずウェーダーを着ずにスピナーベイトでランガンです。
するとすぐに大バックラッシュ。
後ろに立てていたロットのラインに引っかかってしまったみたいでした。
治らなかったのでラインをかなり切って復帰。
その後も少しづつ移動しながらスピナーベイトを投げ続けました。
しかし反応無し。
ヘビキャロをやるために一旦クルマにウェーダーを着ようと戻ったところ、松崎氏、「ぁ!ウェーダーを忘れました・・・」との声。
僕にとっては昨年までの僕の釣りなので「じゃあ、今日はウェーダーを封印して釣りしましょう!!」ということになりました。
その後、ヘビキャロを投げたものの反応無く移動することにしました。

近江舞子に移動し船溜りで見える小バスと戯れます。
ノーフィッシュを無くすための保険です。

小バスと松崎氏です。
僕もバス1匹とギル2匹を釣りました。
ノーフィッシュは無くなったので大きなバスを狙いましょうという事で、先日、松崎氏が目星をつけていたポイントに移動する事にしました。

大きく移動して北湖の東岸の守山の護岸です。
松崎氏によると、前回はウィードが豊富にあってその中から50UPをあげたという事だったので期待して入りました。
到着して・・・「あれ?ウィードがめちゃ減ってる・・・」と松崎氏。
とりあえずフリーリグやテキサスなどを投げてみます。
僕には反応無し。
松崎氏はコンコン、とアタリはあったもののその後は食わなかった、との事でした。
その後も川のコンクリート護岸や石積みなどを探ってみますが反応がありませんでした。
そのうちに強風になってきたために南湖で最後までやりましょう、という事に決まり、移動しました。
途中で釣具店に立ち寄ってシンカーなどを補充して一気に移動。
南湖の天一裏に入りました。

二人とも来たことがないエリアだったのですが、ざっと見た感じはにおの浜などと同じ感じでした。
ただ、ここにはウィードが豊富にあり、期待させる要素がありました。
しかし、ここでも予期せぬ釣り人が。
ムーチングおじさんです。
前回の単独釣行でもペースを乱されたので警戒してかなりの距離を取りました。
僕はジャスターシャッドのネイルリグを投げ続けました。
そして日没も過ぎ、20分程経った頃にようやくバイト!
しかし乗らず・・・。
その後、すぐに松崎氏にもバイト!
でも乗らず・・・。
そして時間切れで納竿となりました。
結局は近江舞子での魚がそのまま釣果となりました。

結果的に厳しい釣りとなりましたが、普段は単独釣行が多いので、すごく楽しい一日となりました。

一応、ラジオ収録しております。

其の23 10/29琵琶湖釣行の前日トークなんぞ。#Radiotalk

其の24 ドS属性の琵琶湖でまたムーチングおじさんにやられた!なんぞ。#Radiotalk

最後に。
松崎さん!ありがとうございました!またご一緒しましょう!

当ブログに不正アクセスがありました。

  • 2018.10.26 Friday
  • 08:58
いつもこのブログにアクセスして頂きましてありがとうございます。

実は、前回の更新から本日までの6日間の間に当ブログに不正アクセスがあったようで勝手にログが投稿されているという事態が発生致しました。
幸いな事に、それまでのログインパスワードの変更はされておらず、過去ログは残っておりました。
現在は、該当ログを削除し、ログインパスワードを変更するなどの対策を取り正常に戻っております。
大変ご迷惑をお掛け致しましたとこをお詫び申し上げます。

秋の野池巡り釣行とちょっとした出来事。

  • 2018.10.20 Saturday
  • 20:20
二週間のご無沙汰の間に夜はかなり冷えるようになりました。

久しぶりの土曜日の休みでした。
本来なら琵琶湖に朝マヅメから行こうと思っていたのですが、昨日の昼の予報ですでに風速5mの爆風の予報。
流石に吹きっさらしなので無理だと判断して久しぶりに自転車野池釣行と決めていました。
早朝、雨音で目が覚めました。
まさかの雨。
天気予報は晴れだったのにです。
「これはゆっくりしろ」という事かな?と思い二度寝。
改めて起きて家族でしっかりと朝食を食べて自転車で出発しました。
少し遠くの野池に向かいました。
夏は一面が菱藻に覆われて釣りが出来なかった野池は秋になり水面が広がっていました。
まずはリグっていたフラッピンホッグのテキサスで見える障害物を押さえます。
反応無し。
「これじゃ時間がかかり過ぎるし風も強いしチャターにしよう」とルアー変更。
先日、自作したダイソースピナーベイトから作ったチャターベイトにグラスミノーのトレーラーを付けて投げます。
巻物は実は好きなのでどんどん手返し良く投げ続けます。
するとグッと重みがかかりました!
巻き取りますがグーと持っていかれる感覚です。
するとバチャバチャと暴れて魚体が見えました。
コイがスレで掛かっている感じでした。
そう思っているとバチャ!っと大きく暴れた瞬間にバレました。
でも、「この攻め方で正解や!」と気が楽になってその後も投げ続けます。
そして・・・
キ━━━イイィィ(。☆ω ☆。)タァァアア━━━ッッッ!!!

31cmのバスでした。
よく引いて気持ち良い釣りが出来ました。

気持ち良く釣っていたのですが、後ろから男性が近づいて来て、バスやブルーギルが環境を破壊しているだのと僕に説教しだしたので、バスが食用として放流された事、ブルーギルを紹介したのが天皇陛下である事となぜ琵琶湖で繁殖してしまったのか、琵琶湖の外来魚駆除の助成金で甘い汁を吸っている人もいる事などを紹介して論破してやりました。
上っ面の浅い知識を並べて説教垂れてきたので頭に来たんです。
しまいには相手は黙ってましたけどね。(≧∀≦)
なんでも勉強しとくものですね。

そんな事があり気持ちが萎えたので一度帰宅して夕方に改めて出発しました。
いつもの野池です。
着いて釣り始めましたが、予想以上に風が強くて苦戦しました。
日が落ちてくると急激に気温が下がって風と相まって体感温度はさらに下がりました。
結局は日没でラインも見えなくなりノーフィッシュで納竿しました。

そうでした!
先週、サプライズで松崎氏からロッドをプレゼントして頂きました!

まさかの出来事はラジオに収録しております。

其の18 サプライズプレゼント貰った!&今頃ホッグ系にハマった話なんぞ。#Radiotalk

明日仕事してまた月曜日はいつもの休みです。
琵琶湖に釣行しに行こうと考えています。
オカッパリは厳しい雰囲気ですがどうにか釣りたいですね。

結果的に打ちのめされ戦意喪失した単独琵琶湖釣行。

  • 2018.10.08 Monday
  • 22:00
何か憑き物でも着いていたのでしょうか。
身代わりになってくれたと思うほかありません・・・。

第6回12時間耐久ひとり釣り大会(単なる単独琵琶湖釣行)を催してきました。
午前0時に出発。
今回も直前ラジオです。
聴いてみて下さい。

其の16 第6回12時間耐久ひとり釣り大会の開始前トークなんぞ。#Radiotalk

そして北小松に入りました。
流石に真夜中ですので道もスムーズですぐに着きました。
到着してびっくり!
釣り場のあまりの混雑ぶりに唖然としてしまうほどでした。
真夜中なのにポイントには入れないんです。
仕方がないので養殖場からさらに離れた浜でヘビキャロ、テキサスと投げましたが何も反応なし。
見切りをつけて大溝港に移動しました。
途中、白髭神社に参拝。今日は真夜中なのにここも参拝されてる方が結構いました。
大溝港の橋脚下や水上警察前、テトラ帯などをラン&ガンしました。
ここでも不発。
今度は下って志賀に移動しました。
浜で巻物をラン&ガンで投げましたがここでもアタリなし。
湖西には見切りをつけて南湖に戻り、雄琴港に入りました。
ウトウトしつつも釣りしつつ・・・という感じでした。
もうすぐ朝マヅメという事で柳が崎に移動しました。
立ち込んでヘビキャロ投げ続けます。

美しい日の出でした。
しかしここでも不発。
最後の望みを由美浜にかけました。
しかし・・・

悲しい結末でした。
愛用のMLのロッドがポッキーしてしまいました。
失意、戦意喪失で納竿しました。

其の17 第6回12時間耐久ひとり釣り大会の結果報告なんぞ。#Radiotalk

帰宅してからはふて寝してたら夕方になり、家族でご飯を食べに行って帰ってきたところです。

今日はなんだか散々でした。
しょうがないです。
こんな日もありますね。

台風24号通過中。ダイソーのスピナーベイトはクソだった。

  • 2018.10.01 Monday
  • 00:20
ただ今、台風24号が通過中です。
皆様、ご注意下さい。

今日(日付変わりましたので昨日) は職場である百貨店が臨時休業に決まりお休みでした。
実は元々から休みをもらっていたのですが。
台風が来るということで今日は朝から台風に備えて家の周りをあれこれ見て回り、危険な箇所は固定したりと慌ただしく過ごしました。
作業が終わってからは、ダイソーで買ってきていたスピナーベイトを風呂場で動きをチェック。
あまりに酷い動き(ブレードが回らない)だったので何かに使えないかと考えを巡らせました。
3つも買ってたんで必死です。
早速作業。

アームをカットしてジグヘッド部分にデコイのチャターブレードを取り付けました。
さらに外したウィローブレードは自作のジグスピナーのアームに取り付けました。
これでチャターベイトが3つ、ジグスピナーが大小それぞれ3つづつ出来ました。
先程、風呂場で簡易的に動きを確認しましたがちゃんと動いてました。
いやぁ、よかったです。
無駄にならなくて済みました。

実は、先日から親不知が虫歯で穴が開いてしまいとても痛いまま1週間ほど騙し騙しで生活してました。
でももう限界なので明日は口腔外科を予約しました。
抜歯の予定です。
早く抜いてもらってスッキリしたいです。

このログを書いてる間に風もおさまってきました。
これから台風が近づく地域の方々には重ね重ねですがくれぐれもご注意をお願い致します。
御老人にはくれぐれも様子を見に出て行かないように言ってください。
何故か出たがるんですよ。
不思議です。

朝は琵琶湖釣行、夕方は野池釣行。どちらもナイスでしょ!

  • 2018.09.24 Monday
  • 22:40
たまに思いがけないことが降りかかってくるものです。

毎週月曜日は僕の定休です。
世の中は三連休の最終日、シルバーウィークの最終日なんですね。
僕にはそんなものはありません・・・。

最近、仕事で色々あり、ストレスがめちゃくちゃ溜まってだので前日に相方に了解を得て、朝から短時間の琵琶湖釣行に行ってきました。
昨日の夜はジグスピナーを自作しました。

市販の物を見てたら作れそうだったので見よう見まねで作ってみました。
これが意外と簡単に出来て「これならもうかわなくていいわ」ってレベルの完成度。
今日、早速使いましたがちゃんと動くし今後も量産して使っていこうと思います。

さて、朝マヅメに合わせて起きたつもりが二度寝してしまい、朝7時に出発しました。
途中でガソリンを入れ急ぎます。
今回もラジオを録音していますのでお聴きください。

其の9 短時間琵琶湖釣行前&ジグスピナー作ったよーなんぞ。 | #12時間耐久ひとり釣り大会・ラジオ番外編 #Radiotalk

琵琶湖に着いてまずはにおの浜に入りました。
流石に祝日、大勢の人が釣りしていてバス釣りブーム全盛期を思わせるほどです。
空いてる場所にサッと入って釣り始めましたが、もちろんハイプレッシャーなので厳しく、さらに縦方向しか投げられなくてイライラしてました。
1時間程で見切りをつけて移動。
なぎさ公園、由美浜に場所移動しました。
もっと水が動いてる場所、そしてマンプレッシャーが少ない所を探した結果でした。
先行の釣り人の方々はヘビキャロを投げていたので僕は「逆に違うことしたろ♪」とシャローをスワンプのネコリグで攻めました。
すると軽いアタリ。
最初はスカしましたが、もう一度投げます。
するとそれまで吹いていなかった風がサーっと吹き始め、「おお!いい風!」と思った瞬間にググッと引っ張られる感覚。
キ━━━イイィィ(。☆ω ☆。)タァァアア━━━ッッッ!!

ナイスサイズのバスでした。
詳しくはラジオで。

其の10 9/24短時間釣行の釣果報告と・・・!なんぞ。 | #12時間耐久ひとり釣り大会・ラジオ番外編 #Radiotalk

そしてまさかの事があり、早々にに帰宅後、用事を済ませて久々にカスタム45さんにお邪魔しました。
消費してたジャスターホッグ4.3を補充して帰宅。
時間が出来たので散歩がてらにホームのの野池に行ってみました。
そして釣り始めて間もなく・・・まさかの・・・
キ━━━イイィィ(。☆ω ☆。)タァァアア━━━ッッッ!!

またもナイスサイズのバスでした!
しかも琵琶湖釣行の際のバスより大きいっていうオチ♪♪
最高でした。

其の11 琵琶湖から帰ってきて散歩がてらにホーム野池釣行なんぞ。 | #12時間耐久ひとり釣り大会・ラジオ番外編 #Radiotalk

最近は本当にストレスがMAXで溜まってたので良いストレス発散になりました。
たまにはこんな日があっても良いでしょ?

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Chess Puzzle

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

テイルウォーク(tailwalk) ロッド BACKHOO RISE C632ML
テイルウォーク(tailwalk) ロッド BACKHOO RISE C632ML (JUGEMレビュー »)

スピンキャストリールに一番相性が良い硬さのMLのロッドです。とても扱いやすく、感度も良好です。コストパフォーマンス抜群ですよ!

recommend

【先着限定】最大1200円オフクーポン4/1-4/4迄ZEBCO ゼブコ OMEGA Pro オメガ Z02PRO スピンキャストリール【送料無料】
【先着限定】最大1200円オフクーポン4/1-4/4迄ZEBCO ゼブコ OMEGA Pro オメガ Z02PRO スピンキャストリール【送料無料】 (JUGEMレビュー »)
スピンキャストリールの最高峰です。僕はスピニングのかわりに使っています。僕の釣りスタイルを確立させてくれたリールです。

recommend

Piscifun(ピシファン)ベイトリール Perseus 軽量リール 最大ドラグ力8.4KG シールドベアリング バス釣り デュアルブレーキシステム  左ハンドル
Piscifun(ピシファン)ベイトリール Perseus 軽量リール 最大ドラグ力8.4KG シールドベアリング バス釣り デュアルブレーキシステム  左ハンドル (JUGEMレビュー »)

アメリカでコストパフォーマンスがすごい!と噂になっていたリールです。僕は巻物で使っています。遠心&マグのデュアルブレーキシステムです。

recommend

テイルウォーク(tailwalk) ロッド BACKHOO RISE C672MH
テイルウォーク(tailwalk) ロッド BACKHOO RISE C672MH (JUGEMレビュー »)

海外で大変評価の高いロッドです。最近僕も手に入れて気に入って使っています。テキサスなどで主に使っています。

recommend

対訳 寺社を歩けば京都がわかる―Discovering Kyoto in Temples and Shrines(bilingual edition)
対訳 寺社を歩けば京都がわかる―Discovering Kyoto in Temples and Shrines(bilingual edition) (JUGEMレビュー »)
槇野 修
裏表紙に僕の写真を使っていただきました。海外の方にぜひ手に取っていただきたい一冊です。

recommend

新装版 ボビー・フィッシャーのチェス入門
新装版 ボビー・フィッシャーのチェス入門 (JUGEMレビュー »)
ボビー・フィッシャー
この本はチェスをやりたい人にはホントにこの本一冊である程度強くなれます。
僕もこの本のおかげで中級ぐらいになれました。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM